おごと温泉とは

雄琴温泉(おごとおんせん)は、滋賀県大津市(旧国近江国)にある温泉。

昔から歓楽温泉のイメージが強かったですが、湖国随一の規模と歴史があり、
近年は特に変化の著しい温泉地です。

2006年10月27日に「地域ブランド」(地域団体商標)として認定されています。


国道161号線の左右に温泉旅館・ホテルがたくさんあります。
比良山地の山麓沿いに建てられていて琵琶湖の眺望が見事なお宿が多いです。

一方で雄琴温泉は歓楽温泉としても発展し、温泉街の南側に形成された風俗街(特殊浴場群。ソープランド街)は一般の人の行楽、観光客誘致の大きな障害となってきました。

エリアでいうと全く別の区画におさまっていますが、県外の方から見れば周囲1km四方の中に同居しているように解釈され、あまりよいイメージに見えなかったようです。


近年は生き残りをかけて、風俗街のイメージ払拭を目指しており、各旅館とも団体客向けから女性客や家族客などを対象とした改装を相次いで行って、その成果が見え始めています。

また、最寄り駅の雄琴駅を「おごと温泉駅」に改称するよう地域が働きかけた結果、2008年3月15日に改名しました。

旅館名も改名することが多くなりました。
「雄琴国際ホテルきくのや」は「暖灯館きくのや」に、「國華荘」は「びわ湖花街道」に、「ロイヤルホテル雄山荘」は「里湯昔話雄山荘」に、「芳月楼」は「びわこ緑水亭」に改称するなどイメージアップの努力がうかがわれますね。

周辺には比叡山延暦寺やその門前町の坂本、日吉大社、堅田の浮御堂、園城寺(三井寺)、また市内には紫式部で有名な石山寺などもあり、歴史ゆかりの文化財が多く、観光拠点として雄琴温泉は最適。

京都方面への修学旅行の宿ともなっています。

名物料理としては鴨料理や近江牛料理などがあり、特に鴨鍋は冬の琵琶湖を代表する味覚です。ぜひ味わってほしいものです。

(参考:wikipedia)


湯元館のネット宿泊予約